風俗店とweb3.0について考えてみる

伊藤

ニュー不夜城の伊藤です。

2022年に入ってから、テック業界を中心に話題沸騰中のweb3.0(ウェブスリー)をご存じでしょうか?

簡単に言うとブロックチェーンという技術を利用した分散型のインターネットの事を指します。
それと風俗店に何の関係があるのかという事ですが、実はweb3.0の前にweb2.0、web1.0といった歴史があり、特にweb2.0でアダルト産業はとてつもないスケールをしました。

WEBの進化過程

web3.0を理解するには、web1.0からどのように進化したかを知るのが早いです。

web1.0

個人がウェブサイトを作って情報を発信出来るインターネットの世界です。
情報は発信者が一方的に行い、閲覧者との双方のやり取りはできません。
フロッピーとかの時代です。

web2.0

情報の発信者と閲覧者が双方向性になったインターネットの世界です。
TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSが普及し、誰でも気軽に発信出来る様になりました。
それもweb1.0の様な一方通行ではなく双方向性なので、誰もがウェブ上で日常的にメッセージのやり取りを行う時代です。
因みに、これらのサービスの多くはGoogleやAppleなどの巨大企業が「中央集権的に」権力を持っています。
なので、Googleが「不適切」と判断すれば、そのコンテンツは検索結果に表示されなくなるし、YouTubeなどのプラットフォームでは、動画やチャンネル自体が削除されてしまいます(いわゆるBAN)
そして、アダルトなどのジャンルでは「そもそも投稿出来ない」様に仕組み化されています。

そして、いよいよweb3.0です。
多くの有識者がネット上で議論を重ねていますが、要するにこんな世界らしいです。

web3.0

ブロックチェーンの技術を利用したweb3.0は、web2.0の「中央集権性」の問題を解消します。

GAFAMなどに、ある種独占的に利用されて来たものが「分散されて」情報が保持されます。
その為「中央集権的」では無くなり「個人」が権力を持つ時代になります。

そして、そもそも「ブロックチェーン」とは「インターネット上の取引データを誰も不正出来ない様に適切に保存する技術」の事です。

ユーザ同士が互いにデータを監視し合うことで、不正が生まれない様にしています。

つまり…

web3.0はアダルト産業を変えるのか

web2.0では「中央集権的」に管理されていたデータがweb3.0の世界では「制限が無くなります」。
web2.0の世界で不適切と判断された「アダルトなコンテンツ」も自由に投稿出来る様になります。

更に、コンテンツの権利がブロックチェーンによって担保される「NFT(非代替性トークン)」という技術を利用すれば、そのコンテンツは「権利性」を担保出来ます。

アダルト産業では、コピーコンテンツが量産されているので、NFTの技術で女優さんやメーカーさんに正しくお金が回る仕組みが出来るので良いなと思います。

風俗店なども同じで、制限を受ける事無くアダルトコンテンツを発信出来る様になるのだとすれば、業界が更に飛躍していく可能性もあるし、同時に国家レベルで大きな規制が入って終焉を迎えるかもしれません。

ワクワクするし、ドキドキしますね(泣)

タイトルとURLをコピーしました